ネット予約

トップへ » 治療について » レーザー治療

レーザー治療

レーザー治療

歯の治療に対して「痛いもの」「不快なもの」という先入観がある方は多いでしょう。その不安を最小限にするため、当院では痛みや不快感の少ない、患者さまに優しい治療を目指して「レーザー治療」を行っています。これにより、無痛に近い状態での治療が可能となりました。

歯科用レーザーによる治療は、従来の治療のような音や振動からくる不安感や恐怖感、痛みが少なく、ストレスなく治療を受けていただけます。当院では、虫歯治療のほか、歯周病、口内炎、知覚過敏や歯ぐきの黒ずみの解消にも歯科用レーザーを使用しております。

レーザー治療は各医療分野でも使用され、安全性は十分に立証されています。副作用もなく、高血圧、心臓疾患や内科的疾患の持病がある方、妊娠中の方でも安心して治療を受けていただけます。

ただし、レーザー治療は残念ながら保険が認められていないため、治療内容によってはいくらか自己負担いただくことがございます(一部は保険適用となります)。費用も含め、治療についてわからないことがありましたら、お気軽に院長・スタッフまでお問い合わせください。

レーザー治療の主な効果・効能

レーザー治療●歯周病への適応
歯ぐきに膿が溜まって腫れや痛みが出ているような場合、レーザー治療をすることによって、歯ぐきの消毒、歯ぐきからの排膿を促し、症状を改善します。

●口内炎・口角炎の治療
お口の中や唇に白いものができて触ると痛むような場合、レーザー治療で痛みの軽減、治癒の促進が図れます。

●知覚過敏症
歯ぐきが痩せるなどで冷たいものが歯にしみるような知覚過敏症の場合も、歯の神経を鎮静させる効果があります。

●審美歯科への応用
歯ぐきにメラニン色素が沈着し、黒ずんでいるような場合、数回のレーザー治療によってピンク色の歯ぐきを得ることができます。

●止血効果
歯を抜いたり外科処置を行ったりしたあとの血が止まりにくいような場合の止血、および局所の消毒を瞬時に行うことができます。

●生体作用の活性化
レーザーは新陳代謝を活発にし、生体の早く治ろうとする力(自己修復能力)を強くする作用があるため、治癒の促進を期待できます。

●痛みの軽減
急性炎症や外科処置後の痛みに対し、除痛作用を発揮し、痛みを軽減することができます。

●感染防止対策
レーザー治療は歯や歯ぐきに触れずに行うため、エイズや肝炎ウイルスなどの院内感染の心配がありません。

●安全性
レーザーには、強い殺菌・消毒作用や傷の治りを早くする作用があるので、消炎剤や抗生物質の投与を少なくできます。そのため、妊娠している方や他科で薬の処方を受けている方でも安心して使用できます。

●その他
レーザーには、腫瘍や小帯切除などの外科処置、入れ歯によるただれ、顎関節症の痛みを和らげるなどの効果もあります。

レーザー機器

当院では、3種類のレーザーを、患者さまの治療内容によって使い分けております。

Er:YAG(エルビウムヤグ)レーザー(アーウィン・アドベール)レーザー機器
歯科医療の新しい方法として注目されているレーザーです。

ネオジウム・ヤグレーザーレーザー機器
このレーザーでの治療は臨床応用範囲が広く、さまざまな治療にメリットがあります。

炭酸ガスレーザー(オペレーザーpro)レーザー機器
今までのレーザーでは味わえなかったシャープな切開・切除を可能とし、より緻密でハイクオリティーな処置が実現できます。


コールバック予約

PAGE TOP